快気祝い

快気祝いとは

スポンサードリンク
病気、怪我など病院に入院することは、本人はもちろん、家族、友人、同僚にとってもとてもつらいことです。自分を含め、周りの人が入院すると、自分が健康であることのありがたさが身にしみて分かります。 そんな入院生活をしているときに、お見舞いに来ていただくと本当にうれしいですよね。
隔離された世界から、現実の世界との接点を見つけた気になり、早く病気を治して現実の世界に戻りたいと意欲もわいてくるのではないでしょうか。
そして、いろいろな方がお見舞いに来て激励を頂き、晴れて退院や床上げ。

そこで、考えるのが快気祝いです。

快気祝いのタイミング

退院(床上げ)後、回復状態を見てなるべく早め(できれば10日以内)に贈るようにしましょう。しかし、快気祝いには必ずしも「いつまで」という決まりはありません。あまり神経質に考えなくても、時機を逸することなく贈ればよいのではないでしょうか。

快気祝いの相場

見舞って頂いた金額の1/2(半返し)~1/3くらいが目安とされています。
職場関係で「部」や「課」ごとにお見舞いを頂いた場合には「○○部御一同様」として、快気祝いをまとめて贈ることも可能です。

快気祝いの品選び

最近は商品券などが人気のようですが、快気祝いでは「病気が残らない」との意味から「食べて残らないもの(お菓子など)」や「洗い流すもの(洗剤など)」を贈るのが、縁起が良いとされ一般的です。また、会社などグループでお見舞いを頂いた場合には、数量の多いお菓子やコーヒーの詰め合わせなど、グループ全員に行き渡るようなものを贈るようにするとよいでしょう。
どちらにしろ、菓子折りやコーヒー・紅茶、タオルなどいくらあっても困らない物を贈る方が無難でしょう。

病院へのお礼

スポンサードリンク
「快気祝い」という形ではなく、退院時に「御礼」という表書きでお世話になった医師や看護婦さんにお祝い品を贈ります。その際は大人数になるため、お菓子の詰め合わせなど全員に行き渡るようなものを用意するのがよいでしょう。
しかし、最近では規則から「御礼」を受け取らないところがほとんどです。そのような場合は、病院の規則や習慣に従うようにし、無理強いはしないことが肝心です。

Comments are closed.