入学祝い

入学祝いとは

スポンサードリンク
入学祝いは小学校、中学、高校、大学あるいは専門学校と、新しい学校に入学するときに行われるお祝いです。春、新しい学校生活に期待と不安を膨らませる子供たちを、盛大な入学祝いで激励したいもの。 入学祝いには、新しい学校生活への期待と、これまでの成長を祝う気持ちを込めおこなわれています。

冠婚葬祭のうち、結婚と葬儀についてはある程度義理でお付き合いしなければなりませんが、入学や就職に関してはあくまでもお祝いしてあげたいという気持ちのある人が、その気持ちの範囲内でお祝いをすればよいでしょう。ただしご自分(もしくはご自分のお子様)がお祝いをいただいている場合は、お祝いを差し上げるのがマナーです。

入学祝いの予算の相場

一般的な相場(目安)ですが、幼稚園、小学校で5,000円程度、中学校以上になると10,000円程度となっているようです。少々古いデータですが、下の表も参考になさってください。

入学祝の目安/最多回答額(親類のみ)

贈り先 年代別 東西別
20代 30代 40代 50代以上 関東 関西
全体 5千円 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
幼稚園・保育園 5千円 1) 1万円 1万円 1万円 1万円
小学校 5千円 1万円 1万円 2万円 1万円 1万円
中学校 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
高校 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
大学 2) 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円

1)5千円・1万円  2)10,001から19,000・2万円、-はサンプルがないもの
*はサンプル数が少ないためクロス集計していないもの

入学祝いの品選び

入学祝いの品選び幼稚園や小学生の場合は、入園や入学に必要な実用品、鉛筆、クレヨン、画用紙などや本、ハンカチなどがよいでしょう。
ランドセルなどの場合は学校によって決まりがある場合がありますし、祖父・祖母などから贈られる場合(結構楽しみにしているおじちゃん、おばあちゃんも多いのです。うちもそうでしたし…)もありますので、ので先方にお聞きしてからの方が良いでしょう。

中学生以上になると好みもうるさくなってきます。万年筆や絵の道具などの他、図書券や、場合によっては現金にしても良いでしょう。

就職祝いは、男性の場合、ワイシャツやネクタイ、財布、システム手帳、女性の場合、ブラウス、スカーフ、ハンドバック、アクセサリー、香水など社会人としての自覚を起こさせるようなものが良いでしょう。

入学お祝い金を贈る場合の祝儀袋の書き方

表書きは

  • 入園祝…「御祝」・「御入園御祝」
  • 入学祝…「御祝」・「御入学御祝」
  • 進学祝…「御祝」・「御進学御祝」

水引は

赤白(5本か7本)、結びは花結び(蝶結び)または鮑結びを用いるのが基本です。贈る時期は入学の1カ月前から当日までぐらいです。のし紙は結びは花結び(蝶結び)、水引は赤金(5本か7本)を用いるのが基本です。

入学祝いのお返し

スポンサードリンク
主に身内のお祝いなので、基本的にはお返しはする必要はないでしょう。本人から直接お礼の電話や手紙を書かすようにすればよいと思います。小学生なら電話で、中学生以上ならできるだけ礼状を送るようにしましょう。その時は入学式に撮った写真など添えると気持ちがより伝わりますね。

Comments are closed.