お年玉

お年玉の由来

スポンサードリンク
お年玉がはたしてお祝い事かという疑問はありますが、めでたいお正月の恒例行事としておつきあいください。

そもそもお年玉というものはなぜ始まったのか、あまり考えたことはありませんね。何となくお正月にはつきものだからとか、毎年の恒例行事だからね…などと漠然と子どもに渡しているのではないでしょうか。

新しい年を迎えると、歳をひとつ重ねるわけですが、昔は年齢を重ねることの象徴として歳神様(としがみさま)にお供えものをして、新しい一年の無病息災を祈りました。このときお供物として備えられたお餅を、御歳神様の賜わりもの(おとしがみさまのたまわりもの)として分け合って食べるようになったことが始まりとされています。

現代ではお年玉が、お餅からお金へと変化してきたわけですが、商家でお正月に使用人におこづかいを渡したことが始まりという説が一般 的です。それが一般化して、いつの間にか「子どもにあげるなにがしかのお金」に変わっていったのでしょう。

お年玉 の金額の相場

お年玉は金額が多ければ良いというものではありません。年齢相応の額をあげましょう。
年齢や間柄でのおおよその金額は下の表の程度が一般的なようです。

お年玉 の金額の相場

年代 贈り先
自分の子供 親類の子供 近所の子供
小学校入学前 ¥1,000 ¥2,000 ¥2,000
小学校低学年 ¥3,000 ¥3,000 ¥2,000
小学校高学年 ¥5,000 ¥3,000 ¥5,000
中学生 ¥5,000 ¥5,000 ¥5,000
高校生 ¥10,000 ¥5,000 ¥5,000
大学生 ¥10,000 ¥10,000

お年玉 袋の表書き

スポンサードリンク
基本的には、お年玉をあげるのは、親戚 や親しい間柄の子供だけです。

お年始のご挨拶に伺った上司のお宅にお子さんがいたとしても「目上の人の子供」にあげるのは失礼とされます。
これには私も「へ?、そうなんだ!」と思いましたね。今まで平気な顔であげてたりしていたので、少々恥ずかしいですね。でも、お子さんがいるのに「無視」するのも何となく気まずいと思いませんか?

目上の人の子供に→「お年賀」として図書券などの品物を渡す。

「お年玉」は本来は上の人が下の人にあげるものなので、たとえ子供でも上司の子供にあげるのは失礼に当たる。「お年賀」として品物をあげるのは良い。

小さな子供に→ひらがなで「おめでとう」「おとしだま」等

左上に「◯◯ちゃんへ」等、子供の名を書くと良い。また、お菓子や絵本,おもちゃなどを、お年玉 代わりにあげてもよい。

お年寄りやご両親に→のし袋の表書きは「お年賀」

現金収入の少ないお年寄りに感謝の気持ちを込めて

Comments are closed.