定年退職のお祝い

定年退職のお祝いとは

スポンサードリンク
社会人として永年に渡り会社と社会のために力を尽くされた事実に対するねぎらいの気持ちと、定年後のいわゆる第二の人生がご本人にとって充実した時間になるようにとの願いをこめて、感謝の気持ちとともに送りましょう。

定年退職は、定年に達したご本人が一番感慨深いものを感じているのではないでしょうか。

自身の老後のことなど、これからの人生に対する期待や不安、奥様との関係…、なかなか深いものがありそうです。
定年退職で気力が失われたりすることの無いよう、皆で暖かくおくりたいものです。

定年退職祝いの注意点

会社での送別会や記念品は、職場単位で進めるのが通常のありようでしょう。お祝いの記念品は、お金を集めて職場全体として贈ります。ただし、特に親しくし交友のあった同僚や部下の方でしたら、それとは別に個人で感謝の気持ちとして品物を送るのもありでしょう。

定年退職祝いの金額の相場

贈る側 贈る金額
友人・知人 10,000円前後
上司・同僚・部下 10,000円前後

※上記はあくまで目安です。不安な場合は多めにしておくのが良いでしょう。

祝儀袋の形式

■水引:紅白の長結び
■表書き:御餞別、御贐、おはなむけ

定年退職祝いの品選び

スポンサードリンク
お祝いの品は、第二の人生が充実したものとなるようにとの願いをこめる事が一番大事です。心をこめて…ですね。

実際、品選びは悩むものですが、通常は「置物」や「時計」などが定番のようです。 また、退職されるご本人に好きな趣味などがあれば、それに関連した物を贈ると喜ばれることが多いでしょう。たとえば、つり好きの方でしたら、釣竿やリールなどですね。三味線が趣味でしたら…何でしょう?三味線独演会の入場チケットとか…。あくまで一例ですが。

定年退職祝いのお返し

基本的に、退職祝いに対するお返しは不要です。どうしてもという場合は、職場に対してのお礼状などで良いのではないでしょうか。

Comments are closed.