Archive for the ‘災害見舞い’ Category

災害見舞い

災害見舞いとは

スポンサードリンク
近親者や友人など、親しい人は地震や台風などの災害にあった場合は、できるだけ早く駆けつけてあげるのが何よりの御見舞いになるでしょう。 被害状況や交通事情などを調べ、飲料水や食料、軍手など役に立ちそうな物を用意して出かけ、被災地で力を貸すようにします。 現地へ行けない場合は、相手が必要だと思われる実用品か現金を贈るようにします。 災害見舞いの場合、通常とは異なり、目上の人に現金を贈っても失礼にはなりません。

災害にあったことがわかった場合、できるだけの援助をしてあげたいものです。まずは安否の確認です。場合によっては、被害地の状況がわからないといったケースも出てくるでしょう。テレビやラジオ、また先方の役所などで情報を集めます。最近は携帯電話も利用できるでしょうが、災害直後だと混雑してつながらない場合も十分に考えられますので、あまり過信しないことです。
状況を把握してから援助方法を考えますが、すぐに駆けつけることができない場合は、ひとまず見舞い状を出しておきます。距離が近ければ、避難して休息できるように部屋を提供したり、子供を預かったりなど、先方の状況や希望を考えて、臨機応変に対応するよう心がけたいものです。

災害見舞いのマナー

災害は予期できないものだけに、被災者の精神的打撃は非常に大きなものでしょう。御見舞いの席ではあまり立ち入ったことを聞くのは避ける様にし、立ち直るために手を貸すという姿勢が最前です。

災害見舞い金の相場

送り先 金額の目安
両親・子ども 30,000円~
親戚 5,000円~
近隣の人 3,000円~10,000万円
会社関係 5,000円~

上記は一例です。

災害見舞い品の選択

種類 名称
食品 飲料水、インスタント食品、レトルト食品、缶詰類など
衣料品・衛生品 救急箱(消毒薬、ガーゼ、包帯、ばんそうこう、風邪薬、胃腸薬、ハサミなどをセットにする)、生理用品、洗面用具、石鹸、シャンプー、リンスなど
衣料品 毛布、下着、靴下、タオルなど
その他 コンロ、食器類、ティッシュペーパー、軍手、ひも、ライター、懐中電灯、電池、筆記用具など

上記は一例です。状況に合わせて臨機応変に対応することが大事でしょう。できれば先方の希望などを聞いてみるのも方法です。できればですが…

お見舞い金を入れる封筒の形式

スポンサードリンク
現金を御見舞いとする場合は、白封筒に入れて渡します。

■白封筒を使う。
■表書き:御見舞・災害御見舞
 ※火災の場合も同様です。表書きは「火災御見舞」とします。

災害見舞いのお返し

災害見舞いにはお返しは必要ありません。