Archive for the ‘開店・開業祝い’ Category

開店・開業祝い

開店・開業祝いとは

スポンサードリンク
個人商店なら多年の念願かなっての開店は当事者にとっても関係者にとっても感動はひとしおのはず。
建物の新築落成のお祝いをかねて開店祝いが開かれる場合もあります。

会場は開店した店舗の場合もあれば料亭やレストランで場合もあるでしょう。

開店にあたってお世話になった人、従来のお得意先、これからお得意になってもらいたい人、地域的に今後お世話になる人などを招待します。

開店・開業の祝い方

開店・開業祝い従来は、花輪や大入り額、縁起物の招き猫などを贈りましたが、できれば先方の都合を聞いて、店や事業所の雰囲気にあった物を選ぶようにしましょう。また、観葉植物や掛け時計、酒類やビール券、お祝い金などでも良いでしょう。

贈り物よりも、披露宴パーティーに顔を出すことが何よりのお祝いです。

開店祝いの場合は、そのお店の商品を購入するのも喜ばれるものです。
だたし、新築祝いと同様、灰皿やライター、ガス器具など「火」に関係する贈り物はタブー、避けた方がよいでしょう。

一方、開店・開業する人は、開店記念や事業所開きのパーティーを開きます。
パーティーには、今までお世話になった人、地元の商店街関係者、取引先など、これからもお世話になるであろう方々を招き挨拶をします。

パーティーでは軽食や飲み物を用意し、記念品を引き出物として渡します。

開店・開業祝いのお返し

お返しには、宣伝をかねて、店名や社名を入れた記念品を贈れば十分です。

記念の品として良く選ばれるのが、ミニカレンダー、タオル、ボールペン、湯呑みなどです。

日常よく使うものの方が、そのたびに店名や社名が外の目に触れるので、宣伝効果も大きいでしょう。ただし、店名ばかりが目立つ物はかえって嫌がられたりしますので、注意しましょう。

開店・開業祝いの披露パーティー

スポンサードリンク
大勢の人を集めて大規模に披露する場合は、外部に会場を借りる必要がありますが、関係者や親しい人への感謝の気持ちを表したり、今後のPRを考えると、開店・開業する事務所や事業所が、事業内容を知ってもらうためにも効果的でしょう。

パーティーの時期ですが、開店・開業の前日が一般的です。日程的に合わない場合などは、オープンから1週間後くらいまでに行えばよいでしょう。

パーティーの形式は、カクテルパーティーや立食でのバイキング形式など、気軽で大勢の人にきてもらえるでしょう。