Posts Tagged ‘プレゼント’

父の日のお祝い

父の日の由来

スポンサードリンク
父の日(Father’s day)とは、父に感謝の気持ちをあらわす日。6月第三日曜日がこの日にあたります。元々は、アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット婦人の提唱により始まったとされています。
彼女の父ウィリアム・ジャクソン・スマートは妻に先立たれ、ドット婦人ら6人の兄弟を男手一つで育てあげました。そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知りると、父に感謝する日も必要であると、1909年6月19日(第三日曜日)に制定することを提唱します。その後、この行事は各地へ広まり、1916年にはアメリカ全土で行われるようになりました。アメリカで正式に祝日となったのは、1972年のことです。
日本では戦後の1950年頃から広まり始め、一般的な行事となったのは1980年代のようです。健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラとなった由来は、ドット夫人が父親の墓前にバラを供えたことから始まったとされています。
日本では、ファーザーズ・デー委員会という団体の「父の日黄色いリボンキャンペーン」が、幸福や希望の象徴である「黄色」をイメージカラーとし、その年話題になったお父さんにイエローリボン賞を贈っています。ちなみに、2010年は、原口 一博、渡辺 喜美ら政治家や佐藤 隆太等の芸能人が受賞者となっています。単にその年に目立ったというか話題を集めた人?と思うのは私だけでしょうか???
また、花は特定されていないため、一般には「黄色いバラ」や「白いバラ」、子の愛という花言葉をもつ「ユリ」などが贈られているようです。

父の日の贈り物と相場

父の日のプレゼントさて、父の日に何を贈ったら喜ばれるのでしょう。
いろいろ調べた結果、人気の品は次の様なものだそうです。

  • 超定番のお酒やお酒とおつまみのセット
  • 海産物・スイーツ・果物などの食品
  • 酒器や和食器
  • ファッション小物や財布・バッグなど
  • 健康グッズやくつろぎアイテム
  • ゴルフグッズ

どれもこれも中年の男性が喜びそうなものばかりですね。ご自分の父親の趣味や好物などを考慮して決めればよいということでしょう。

肝心な贈り物の相場というか大体の金額ですが、3,000円~5,000円といった価格帯が一番多く、次が10,000円以下となっているようです。
要は心を込めた贈り物なら金額はそれなりのところで…ということでしょうか。それと、ありがとうの気持ちを込めた手紙を添えると感謝の気持ちもさらに伝わるでしょう。

いつ頃どうやって贈ればいいの?

スポンサードリンク
記念日当日に家族全員でお祝いするのが一番良いでしょう。その席で「いつもありがとう」という感謝の気持ちとともにプレゼントを贈ってみては。また両親と離れて暮らしているなら、贈り物は宅配便などを使い当日到着するように発送して、電話を通して日ごろの感謝を伝えるようにましょう。