Posts Tagged ‘七五三’

七五三

七五三の由来

スポンサードリンク
3歳の女の子(男の子も対象になる地方もあるようです。)、5歳の男の子、7歳の女の子が神社にお参りして、成長を感謝し将来の幸せを祈る行事が七五三です。
年齢は、数え年でも満年齢でもどちらでもかまいません。

11月15日にお参りするのがしきたりですが、その前後であれば、天候の良い日や家族が揃うなど都合の良い日を選んでも差し支えありません。ちなみに、11月15日に神社に参拝するようになったのは、江戸時代末期といわれています。

お参りの後は、ご自宅で祝いの善を囲むのが一般的です。

七五三の服装

七五三の服装お参りの服装は、正式には3歳の子どもはお宮参りに着たお祝い着を、5歳の男の子は広袖の紋付きに羽織と袴の三つ揃いを、7歳の女の子には絵羽模様の祝い着を、それぞれ着ます。 しかし、普段着慣れない和装よりも、入園や入学にも利用できる洋服にしたり、レンタルの衣装を利用したりする人が増えています。

七五三のお祝い金の相場

七五三に贈るお祝い金の目安ですが、一般的な目安としては、以下のようになります。大体一週間ほど前までに贈るようにするのがマナーです。

その他親類・友人・知人の場合

贈る側 贈る金額の目安
祖父母 10,000円程度
その他親類 5,000円~10,000円
友人・知人 5,000円程度

※上記は、あくまでも目安としてください。不安な場合は、多めにしましょう。

間違えないように!祝儀袋・のし紙表書き

祝儀袋・のし紙表書き●水引・・・白赤の水引を蝶結びにしてのしをつける。
●表書き・・・「祝七五三」、「御祝」のほか、3歳なら「賀御髪置」、5歳なら「賀御袴着」、7歳なら「賀御帯解」と言う書き方もあります。

七五三のお祝い金の目安

祖父母からは、七五三の晴れ着一式または、それに見合う現金を贈ることが依然多いようです。
最近はレンタル衣装を利用する人も多くなり、その場合は、七五三の記念写真の撮影代や写真代を贈る場合が多いようです。
また、親の希望により、実用的な物を贈っても良いでしょう。

その他親類・友人・知人の場合

男の子なら、自転車、サッカーボール、帽子など、
女の子なら、晴れ着用の扇子、人形、絵本などが良いかもしれません。
親の教育方針もありますので、確認の上贈るようにしましょう。

品物で迷ってしまう場合は、メッセージを添えて現金を贈っても構いません。

七五三祝いへのお返し

身内の場合

祖父母からは、七五三の晴れ着一式または、それに見合う現金を贈ることが依然多いようです。
最近はレンタル衣装を利用する人も多くなり、その場合は、七五三の記念写真の撮影代や写真代を贈る場合が多いようです。
また、親の希望により、実用的な物を贈っても良いでしょう。

その他親類・友人・知人の場合

スポンサードリンク
本来七五三は、家庭内の内輪の祝い事なので、お祝いを贈るのも親戚などの極近しい人に限られます。基本的にお返しは不要ですが、お礼をしたい場合は、あいさつ回りの時に紅白まんじゅうや赤飯などを配ると良いでしょう。
遠方の場合には、11月中に子どもの七五三の写真を添えて、記念の品を「内祝」の表書きで、子どもの名前で贈ります。