Posts Tagged ‘傘寿’

長寿祝い

長寿祝いとは

スポンサードリンク
元々は中国から伝わった長寿祝いは、40歳の「初老の賀」をはじめとして、10年ごとに祝われてきましたが、これは人生50年といわれていた時代のことです。今や日本人の平均寿命は80年と言われ、長生きをする人が大変多くなりました。また、近年まで日本では60歳の還暦祝いが盛大に行われてきましたが、平均寿命が延びた今では、70歳の「古稀」から祝うのが一般的となってきました。まあ、あまり形式にはこだわらなくなってきたということでしょうか。
最近では満年齢で行う人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日などに行ったりと、人それぞれ様々な時期に自由に行っているようです。
お祝いを行う日にはこだわらず、本人の健康状態に合わせたり、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりして行う方が現実的ということなのでしょうね。

主な長寿の祝いとその由来

還暦 かんれき 61歳 数え年で61歳になると、生まれた歳と同じ干支になる。暦が還ることから。
古稀 こき 70歳 中国の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」の詩句からきたもの。
喜寿 きじゅ 77歳 喜の草書体の「喜」が77と読めることから。
傘寿 さんじゅ 80歳 傘の略字が80と読めることから。
米寿 べいじゅ 88歳 八十八を重ねると、米という字になることから。
卒寿 そつじゅ 90歳 卒の略字の「卆」が九十と書くことから。
白寿 はくじゅ 99歳 百の字から一を取ると白になることから。

長寿の祝金の相場

相 手 金額の目安
両 親 20,000円~50,000円
祖父母 10,000円~30,000円
親 類 5,000円~10,0000円

祝儀袋の形式

■水引:紅白・金銀
■表書:寿・御祝・敬樹・祝(還暦)

長寿の祝い方

スポンサードリンク
子ども達や孫達が祝ってあげるのが一般的ですが、本人が主催しても良いでしょう。
どちらにしても、形式にとらわれることなく、本人の希望を尊重した、喜ばれる御祝いにしたいものです。

御祝いの品は、年齢を考慮するより、むしろ年齢より若向きの品物や、趣味などに使える実用的なものの方が喜ばれることが多いようです。例えば、財布などの小物類、スポーツをする人ならスポーツウェアなど、お洒落な品を選んでいる人が多いようです。また、女性なら、口紅やアクセサリーなども良いですね。
これからも若々しく人生を楽しんでください、という感謝の気持ちを込めて贈るのであれば、内容の如何を問わず喜ばれるでしょう。

長寿祝いのお返し

お返しとしては、祝い菓子やお赤飯、趣味を生かした手作りの品なども良いでしょう。高齢で本人が自分でお返しができない時は、家族の人が祝っていただいた人にお礼の挨拶をし、内祝いを届けます。