Posts Tagged ‘就職祝い’

就職祝い

就職祝いとは

スポンサードリンク
昨今の就職難は、職を求める方々にとっては許容しがたい厳しさではないでしょうか。新卒の大学・高校生もその厳しさに変わりはないようです。

それはさておき、就職は今までの学生生活とはまったく違う、社会人としての新しい生活がスタートする人生の一大イベントに違いありません。人生の1つの区切りとも言えるでしょう。

希望と不安を抱えながら、新しい一歩を踏み出した新・社会人たち。社会という荒波に乗りだしていく彼らを、温かい目で励まし見守る気持ちを込めて、就職祝いを贈りましょう。

就職祝いの時期と贈る相手

就職です!就職祝いは、一般的には「内輪の喜びごと」とされているので、家族、親族、親しい友人関係などが中心となって祝います。儀礼的なお付き合いの間柄であれば、気持ちの問題ですから、特にお祝いを贈らなくてもいいでしょう。お祝いの言葉を電話や手紙で伝えるだけでも、本人にとってはとてもうれしいものです。

せっかくの就職祝いですから、贈るタイミングは重視したいものです。就職して仕事を始めたときに間に合わなかった、などということがないように、遅くとも就職する1 週間前までに届けるよう準備を整えましょう。ただ、あまり早すぎても、実感がわきずらいものかもしれませんので、卒業後?就職前の間で、3月末までには贈るようにするのがよいでしょう。

就職祝いの品物と金額

社会人にふさわしい、就職後すぐに使えるような品物を選ぶのが良いでしょう。出来るのであれば、事前に何が欲しいか聞くのも一案です。本人の趣味や重複を避けるためにも有効な方法です。特に身に着けるものは各人で好き嫌いがあるので、本人と一緒に選びに行くか、商品券などを渡すほうが喜ばれることもあります。品物のほかに食事会などに招待してあげる方法もあります。もちろん、現金を贈るというのも一案です。

さて、その金額ですが、この程度でなければという決まりはありません。しかし、就職祝いは内輪の祝いごとなので、親しい間柄でなければ、高額な品は避けたほうが無難です。

一般的な相場(目安)としては、1万円前後だとされているようです。受け取った相手が負担に感じないような金額にとどめることも相手への心遣いかもしれませんね。

就職祝いの品として選ばれることの多い品をあげると以下のようになります。

男性に贈る場合

・財布 ・名刺入れ ・手帳 ・万年筆 ・ワイシャツ仕立て券 ・ネクタイ ・腕時計など

女性に贈る場合

・財布 ・名刺入れ ・手帳 ・バッグ ・化粧品セット ・アクセサリー ・スカーフなど

就職祝いの祝儀袋

祝儀袋の書き方

●のし:つける

●水引き:紅白・蝶結び

●表書き:祝御就職・御就職祝・御入社祝

就職祝いのお返し

就職して一人前の社会人の仲間入りを果たしたとはいえ、まだまだ収入のない身。ですので、基本的には就職祝いのお返しは不要とされています。両親からのお返しも、すでに成人している場合は必要ないでしょう。

スポンサードリンク

とはいえ、電話や手紙で、必ず本人からお礼のご挨拶を伝えましょう。お祝いをいただいたことへのお礼はきちんと伝えるのが、社会人のマナーです。また、特に親しい間柄(祖父母・両親)やお世話になった方には、お礼の意味を込めて、初任給でささやかなプレゼントを用意するのも一案です。プレゼントを受け取った側の感激もひとしおのはずです。